その情報混合している!?カラコンの構造知識

カラコンの構造知識

ある程度カラコンの知識を持っている方はカラコンの構造も少しは知っているかと思います。サンドイッチ構造、ラップイン構造、キャスティングモールド製法など。

 

カラコン初心者の方なら「何その言葉?」となると思いますが、この機会を利用してカラコンの構造を知っておいた方が今後のカラコンライフも充実すると思いますので、しっかりと知識を入れておいて下さい。

 

ただ、カラコンの知識を多少知っている方に見受けられるのですが、間違った知識を持っている方もいらっしゃるのです。そのカラコン構造はもしかしたら混合してしまっている情報かもしれないので、今一度確認しておきましょう!

 

カラコンの構造を知る為には、カラコンの製造工程を知っておく必要があります。
簡単に紹介すると、

 

  • 材料の調達
  • 着色剤の印刷や内包工程
  • レンズ成形
  • 重合
  • 膨潤
  • 滅菌

 

この様な流れでカラコンは作られているのです。
今回、カラコンの構造で知ってもらいたい工程は「着色剤の印刷や内包工程」と「レンズ成形」になります。

 

カラコンの知識を多少なりとも、持っている方はこの2つの工程が混合してしまっている可能性があるのです。なので、

 

混合してしまわない様に再度見直してみる

 

カラコン初心者なら

 

初めてなら安心、安全面の為にも覚えておく

 

カラコンの構造を知って快適なカラコン生活を送りましょう!

 

 

カラコンの色素構造(色素内包構造)

カラコンの色素構造

カラコンの色素構造も色々な種類があります。サンドイッチ構造、ラップイン構造、浸透方式、プリント方式など、それぞれカラコンメーカーによってもカラコンの色素構造は違っていくのです。

 

どんな色素構造ならいいのだろう?

 

それぞれ、カラコンの構造についてご紹介します。

 

 

サンドイッチ構造

サンドイッチ構造

 

サンドイッチ構造と言うのはその名前の通り、食べ物のサンドウィッチみたいにカラコンの色素をレンズで挟み込む構造です。

 

レンズの素材と素材の間にデザインした色素を挟み込む事で一枚のレンズに仕上げる方法です。

 

今のカラコンはサンドイッチ構造が多く見られます。

 

 

 

ラップイン構造(浸透方式)

ラップイン構造

 

浸透方式とも言い、色素をレンズの素材でコーティングし、レンズの型に一緒に入れて上からプレスし、1枚のレンズに仕上げる製法です。
ラップイン構造は色素漏れを防ぎ、より薄く柔らかいレンズに仕上がることが特徴です。
イメージ的には画像の様な構造になっており、デザイン色素の粒子は、レンズ素材の内側に埋め込まれているイメージになっています。
最先端の製法によって、従来品よりも付け心地が良くなり人気が高い製法になっています。

 

 

 

プリント方式

プリント方式

 

デザインした色素をレンズ素材でコーティングした着色部分をモールドと呼ばれる「鋳型」に直接焼き付けて1枚のレンズに仕上げる製法です。

 

よりイメージを掴む為には画像を見てイメージされた方がよりわかりやすいと思います。

 

このプリント方式は「サンドイッチ構造」や「ラップイン構造」に比べ、内包性が1番悪い可能性があるのです。最近のカラコンではあまり見ないやり方だと思います。

 

 

 

カラコンの色素を簡単に確認する方法

100均など何でも良いので綿棒を用意してカラコンの表面と裏面を数回こすってみましょう!
綿棒に色が付いてしまったら、あまり色素の内包性が良いカラコンだと言えないのです。

 

もし、色素の色が綿棒に付いてしまったらカラコンの装着を止めて全部のカラコンを使用中止にした方が目の安全面の為には良いと思います。

 

 

 

カラコンレンズの製法

カラコンレンズの構造

カラコンを製造する工程で「レンズ成形」があります。ここではレンズの形を作る工程になります。レンズの成形と言っても「色素構造」とみたいに色々な製法があるのです。

 

レンズの製法が違えば生産量や品質も当然異なってきます。ではどんな製法だと生産量が高いのだろうか?品質が良いのか?カラコンのウリにしたい部分を最大限活かせるような製法とは?など、各種レンズの製法をご紹介します。

 

 

キャスティングモールド製法

 

モールドと言われる「鋳型」にレンズ素材を入れてレンズを作る製法です。このキャスティングモールド製法には3種類の製法があり、「フルキャスティングモールド製法」、「セミカスティングモールド製法」、「スピンキャスティングモールド製法」があります。その他にもレースカット製法と言われる製法もあります。

 

では、この3種類の製法+レースカット製法の特徴をご紹介します。

 

 

フルキャスティングモールド

 

主にフルキャスティングモールドでは使い捨てレンズ(ワンデータイプや2ウィークタイプ)が主流となっている製法です。
凹型凸型のモールドを使い、プラスチック成形のようにレンズを作っていきます。

 

イメージとしてはたこ焼きを作るような感じですね。

 

モールド(鋳型)を作っておけば後はオート化できる仕組みになっているので大量生産向きな製法なのです。

 

もちろん大量生産できる反面、デメリットもあるのです。
大量生産できるのでコスパも良いと思いきや、意外にも製造する度数やベースカーブ(BC)に合わせた型をを用意しなければいけないのです。

 

また、キャスティングモールドの精密さがレンズに直接影響があるので、型にかなりの精度が求められるのです。

 

 

セミキャスティングモールド

 

主にセミキャスティングモールドではカラコンの製造において主流となっている製法です。

 

セミキャスティングモールド製法はある程度完成した型を作り、フロントカーブ面(まぶた側)を切削してレンズを作る製法です。フロントカーブ面をハンドメイドで行う為、フルキャスティングモールドよりも精度が良くなっています。
また、一気に厚い度数のレンズの型を作って、度数やベースカーブ(BC)に合わせて後からレンズを加工しいく製法になっています。

 

ただ、まぶた側の切削部分をハンドメイドで行う為、完全にフルキャスティングモールドみたいにオート化に出来ない為、大量生産には向いていないデメリットがあります。

 

 

スピンキャスティングモールド

 

主にスピンキャスティングモールドはおわん型の凹型にレンズ素材を流し、回転させてレンズを成形していく製法です。
遠心力の力を借りてレンズを成形することから”遠心成型法”とも呼ばれています。

 

カラコンではあまり見かけない製法ですが、話題にもなっていたレンズの製法です。

 

メリットは凹型のモールドだけでレンズを成形する事が可能。それに、ベースカーブ面に触れる事無くレンズが作れるので角膜への接触が比較的スムーズになると理論上はなっています。

 

ただ、フロントカーブ面は一種類になってしまうので、ベースカーブ(BC)が多種類に及んでしまい、矯正視力によっては着け心地が良くもなったり悪くもなったりしてしまう事があるのです。

 

 

レースカット製法

 

レースカット製法は切削研磨法とも言い、イメージは「金太郎アメ」みたいな感じで一枚ずつレンズを作っていくレンズ製法です。
ソフトコンタクトレンズやカラコンではあまり見かけないレンズ製法ですが、ハードレンズではレースカット製法が主流みたいです。

 

モールド(型)を使わないため、一つ一つ丁寧に仕上げる事が出来るので、大量生産には向かないレンズ製法です。それに、切削機械の精度によっても良し悪しが左右される製法になっています。

 

カラコンのレンズ製法ではほとんど見かけないので知識程度、参考程度に思っていただければ良いと思います。

 

 

まとめ

まとめ

みなさんどうでしたでしょうか。ちょっとはカラコンの構造について解ったと思います。カラコンの知識を持っている方もどうでしたでしょうか。今自分が持っている情報と誤解していた点はあったでしょうか。なければそれで良いのですが、もし間違った情報を頭の中に入れていたら書き換えちゃいましょう!

 

多分、カラコンの構造について混合している部分といえば「着色剤の印刷や内包工程」の部分と「レンズ成形」の部分のように思えます。

 

カラコンの色素構造(色素内包性構造)ではサンドイッチ構造ラップイン構造(浸透方式)プリント方式があります。

 

 

カラコンレンズの製法ではキャスティングモールド製法レースカット製法があります。

 

このように分けることができるのです。

 

ここで一つ例を挙げてまとめとします。

 

「カラコンのデザインする色素をサンドイッチ構造で内包し、レンズの成形ではセミキャスティングモールド製法で仕上げたレンズを選ぶ」

 

色素に関する構造ではサンドイッチ構造かラップイン構造などを。レンズに関する構造だったらフルキャスティングモールドかセミキャスティングモールドなどを。色素構造とレンズ製法を十分に理解すればカラコンを選ぶ又は購入する際に非常に役立つと思いますよ!安全面や安心面が手に取るようにわかりますから。

 

 

 

当サイト人気のカラコンはコチラ!