カラコンの付け始め

紹介画像

カラコンを始めて付ける方は最初の壁だと思います。

 

これが出来ないと何も始まらないですからね。

 

ソフトのコンタクトレンズを付けている方でしたらカラコンも同じレンズですので付け方は同じ。

 

まだ付けた事がない方、付け方が違うのかも?と思う方には、付け易いやり方を伝授したいと思います。

 

カラコンを付ける前は必ず手を洗って清潔にしておきましょう!また、手を拭くタオルにも小さな繊維状のゴミなどが付いていたりするのでしっかりとチェックしましょう。

 

カラコンの裏表を確認

カラコンを付け始める際に必ず確認しなければいけない内容です。
この確認をしないと、

 

カラコンがすぐ取れてしまう

 

眼球を傷つけてしまう

 

などの恐れがあるからです。
カラコンによっても表裏が判りにくいものがあるので、よく見ないといけないのです。

 

 

簡単な見極め方

 

レンズがお椀型になっている

 

レンズが外側へ反っている
をチェック!

 

レンズがお椀型になっていれば”表”です。

 

カラコンの付け方のコツ!

私がカラコンを付けて来た中で特にやり易かった付け方をご紹介します!

 

ポイント1

聞き手の人差し指にカラコンをセットしておきます。

 

ポイント2

利き手の中指で下まぶたを下に引っ張り、反対の手で上まぶたを引っ張ります。

 

ポイント3

カラコンを黒目の方へ徐々に近付けていきます。すると、瞳の潤いによってカラコンが吸い寄せられ、瞳に貼りつきます。

 

ポイント4

カラコンが眼球に乗せられたら目を上下左右に動かしたり、ゆっくりと目をパチパチして下さい。
この時、目を激しくパチパチしてしまうとカラコンが取れてしまうのでご注意を!
最後に、瞳に違和感が無ければ完了です!
もし、瞳に違和感があるようでしたらカラコンを外して”ポイント1”からやり直しましょう。
1,2週間もやり続ければ上手く着けられるでしょう。

 

カラコンが瞳に貼り付かない人

正しくカラコンを付けているのに瞳の潤いがあまりなくて、カラコンが貼り付かないと言う方はカラコン専用の点眼を使う事で上手く付ける事が出来ますよ!

 

この点眼はコンタクトレンズ専門店だったり、ネット通販でもすぐ購入する事が出来るのであればとても便利です!

 

ただ、ドラッグストアなどには置いていなかったりするので注意して下さい。

 

 

カラコンの外し方

カラコンを外す際のポイントをまとめてみました。

 

手を清潔にする

カラコンを外すだけだからと手を洗わずに外すのはダメ!
手に見えない雑菌がたくさん潜んでいるので眼病の原因に繋がってしまいかねません。

 

カラコンを外す為の手の位置を確認

利き手中指で下まぶたを引っ張る
反対の指で上まぶたを引っ張る
利き手の親指と人差し指の腹でカラコンを外す
このようなイメージをしておきます。

 

カラコンを外す

利き手の親指と人差し指でカラコンのした付近を軽くつまみます。
すると、カラコンが「グニャ」っとしますのでそっと外しましょう。
これでカラコンが無事に取れれば終了です。

 

 

上手く外せれなかった方

瞳とカラコンが強く貼り付いてしまっている可能性が高いです。
点眼などで瞳とカラコンの間に隙間を作りましょう。そうすれば上手くカラコンを外す事ができますよ!

 

 

 

ストック用に当サイトオススメのカラコンをご用意してみては?