カラコンのズレ|悩み

紹介画像

  • 目だけ横を向くとカラコンがずれる
  • 瞬きをするとカラコンがずれる
  • カラコンを着けていると段々下へズレて行く
  • 違うカラコンにしたらレンズがズレてしまった
  • 普段からよくズレる

 

カラコンによるレンズのズレは色々あります。
当サイトではそんなカラコンのずれの対処法をご紹介します。

 

なぜカラコンのズレが出てくるのか?

カラコンを着けるとすぐレンズがずれてしまったり、横を向いたときにもレンズがずれてしまう。
そんな経験をした人はいると思います。

 

そもそもなぜ目にカラコンを着けるとずれてしまうのか?

 

考えられるのは3つあります。

 

BC(ベースカーブ)が合っていない

カラコンを着けてレンズがずれてしまう理由の最も多いのがこの原因だと言われています。
人の眼球は一人一人大きさが違います。
イメージするのは丸い円だと思われます。ですが、人の眼球の形はちょっと違うのです。
眼球の形にも少しとがった様な円だったり、平べったくなっていたりと、その人によって眼球の形が人それぞれなのです。
その眼球の形を数値化したものがBC(ベースカーブ)なのです。ですから、もちろんカラコンのBCが自分のBCと合わない場合はズレる事が起こってくるのです。

 

カラコンの裏表が逆

カラコン初心者の人には多く見られますね。
始めの頃はレンズの裏表がわからない人が多いのです。私もカラコンデビューした頃はレンズの裏表に苦戦していました。
カラコンの種類によっても形は違います。なので、裏表がほとんど同じって言うレンズもありました。それをカラコン初心者の人が見れば「ほぼ同じ」そう思っちゃいます。
対策としては、裏と表と一度、レンズを着けてみてください。
そうすれば違いがわかります。目が「ゴロゴロしている」、何か「違和感がある」のであれば、そのレンズは裏だと言えるのです。
表に着ければ違和感はないと思います。稀にカラコン自体が合っていないと違和感を感じるケースもありますのでご注意を!

 

装着感(相性の問題)

これはどれだけ自分のBCとカラコンのBCが合っていても装着するまでは、はっきり言ってわかりません。「カラコンもBCが同じだとすべて同じ!」そんな訳はありません。カラコンメーカーも違えば、製造元も違うので、同じBCの数値であっても若干のズレは生じてくるのです。
もし、

  • 「自分のBCとカラコンのBCが合っている」
  • 「ちゃんとレンズは表になっている」

これでもカラコンがズレるのであれば、
カラコンと目の相性の問題かもしれないのです。
こればかりはどうにも対処しきれない部分もありますので、他のカラコンをオススメします。

 

一般的なBCに惑わされてはいけない!

一般的なコンタクトレンズの場合、人の眼球の大きさの統計を取った結果、BCの数値が「8.7」前後だったそうです。そのデータを元に多くのレンズ製造メーカーは多くの人が合うようにレンズのBCを「8.7」前後で製造しているみたいなのです。
それに伴って、カラコン製造メーカーもBCは「8.7」前後のものが多いのです。

 

ですが、実際には平均的なBCであって、もちろんすべての人が合うわけではありませんよね。
眼球の形がちょっときつくなっている人やすごい緩やかな人だったりいるわけです。
そのような人では、平均的なBCのカラコンを着けてもズレる可能性は高いです。
もちろんカラコンの種類によっては相性が良かったりもしますが、着けてみないとわからないです。
なので、一度カラコンを買うなら眼科へ検診に行き、自分のBC(ベースカーブ)を調べてみてください。そうすれば、自分に合うカラコンがわかりやすくなりますよ。

 

 

 

当サイトオススメのワンデーカラコンはコチラ!