事前に自分の黒目の大きさを測っておこう!

紹介画像

デカ目になりたいからと言ってすぐカラコンの大きいサイズを購入するのは止めましょう!!
人によっては失敗して宇宙人みたいな瞳になってしまう恐れがあります。それは本当に嫌ですよね・・・。
せっかく女子力をアップさせる為にカラコンを買ったのに、いざ着けてみると違和感あり過ぎっ!!てなるとテンション下がりますよね。
なので、まずは事前に自分の黒目の大きさ(黒目の幅)を確認しておきましょう
測るものは何だって大丈夫です。定規でも物に例えて測るのでも何だってOKです。しっかりと測れるのであれば!!測り終えたら自分の黒目の大きさよりも大きなカラコンを購入しましょう!

 

デカ目になりたいなら”着色直径”と”着色範囲”を見よう!

 

自分の瞳を大きく見せたいのであればカラコン自体も大きくないといけません。なので確認するポイントはカラコンの着色してある部分の”着色直径”と”着色範囲”を見てみましょう。まずは着色直径が大きいものを選べば自分の瞳よりも大きくなれる訳ですから、後は着色している範囲が比較的面積が多かったらデカ目になる事が出来ますよ!

 

注意点!!

 

間違えてDIAのサイズで買わないようにしましょう!

 

初めての人はちょっと間違えやすいところなのです。ここで簡単に説明しておくと、DIAとはカラコンそのものの直径です。着色直径はカラコンの着色してある部分の事を言います。なので、着色直径はDIAよりも絶対に小さくなります。

 

と、言う事は,

 

もしDIAでカラコンを買った場合

 

自分の黒目が13.5mmだったとします

 

DIAが14mmだった場合、着色直径はそれよりも小さくなります。メーカーによってもその差は違ってきますが、ほとんど自分の黒目と同じところにカラコンの着色部分が来ます!

 

なので、デカ目になりたいと思っていても実際は

 

「ほとんど瞳は大きくならずに瞳のデザインだけ変わった」となってしまうのです。

 

こうなってしまうとあまりカラコンを買った意味がないって思っちゃいますよね。
カラコンを購入するのであれば”着色直径”をキーワードとして考えたほうがわかりやすいですよ!

 

 

ちょっとしたカラコンの応用テク

デカ目になりたいのであればちょっとした選ぶ際の応用テクをご紹介したいと思います。
カラコンは種類が豊富なので選び方次第で大きくも小さくもなれます。

 

もし、瞳を大きくしたいのであれば上記の記事のポイントに付け加えてカラコンのフチが黒くなっているものを選べば雰囲気的に瞳を大きく見せる事が出来ますよ!

 

カラコンのフチを黒くすることによって、瞳を強調できる特徴があるのです。
これもプチ情報としてお伝えします!

 

でもこの応用テクはデカ目を強調したい人にオススメであって、自然な仕上がりでデカ目になりたいと言う人には微妙かもしれませんね。

 

 

 

デカ目になりたい人にオススメな人気ワンデーカラコンはコチラ!