1番の魅力が使いやすい!

紹介画像

ワンデーカラコンの1番の魅力と言えば”使いやすい”ではないでしょうか。
朝にカラコンを着けて終日まで使用できますし、稀にカラコンを着けているとカラコンがズレて目が痛くなってくる時ってありますよね?そんな時はどうしますか?2weekの場合だともったいないからと言って再度着けますよね?でもワンデーの場合だったら使い捨てが出来るのですごい楽です。
また、新しいカラコンを付け替えるだけでいいですので。

 

アフターケアがいらない

他のカラコンだと使い捨てではないのでアフターケアが絶対に必須となります。
「すすぎ」「洗浄」「保存」と3つの工程が必ず必要になってきます。それにマルチパーパスソリューション(洗浄液)も必要になってきますので費用がそれなりにかかってきます。ちなみにワンデーを除くと次に人気なのが2weekのカラコンになります。2weekの良さはワンデーよりも価格が安いと言う点です。それで2週間と使い勝手が良いのでそれなりの評価があります。

 

カラコンの長期使用タイプは更に面倒くさい!?

1monthや1yearのカラコンなどの長期使用タイプはたんぱく質除酵素剤も使用しなければならないのです。1monthや1yearのカラコンはマルチパーパスソリューション(洗浄液)のみのケアでは汚れが完全に落ちないのです。レンズに汚れがしっかりとこびり付いてしまうことがあるからです。なぜこう言った事が起こるのかと言うと、レンズに長い事使用していると、涙の中に含まれるたんぱく質や脂質が蓄積してこびり付いてしまう為なのです。
なので、長期使用タイプのカラコンをもし使うのであれば、タンパク質除去剤(タンパク分解酵素剤)での定期的なケアをしなければならないのです。これを怠ると、眼病などにかかってしまう恐れがあるのです。理想のケアは2週間に1回くらいが目安です。それによって、たんぱく質や脂質がレンズに蓄積されず、良い状態で長く使えるようになるのです。

 

過酸化水素系のケア用品について

過酸化水素系はすごい消毒力が強く、マルチパーパスソリューション(洗浄液)のようにこすり洗いは必要がありません。完全に付け置きタイプのケア用品です。「それなら簡単でいいや!」と思っている人がいれば大間違いです。この過酸化水素には漂白作用が含まれているので、カラコンに使用すると色落ちしてしまいますので使用しない方が良いのです。

 

まとめ

2weekや1month、1yearのカラコンのケアを色々とご紹介しましたが、これを聞くとちょっと面倒くさい部分があるかと思われます。実際に私も色々と使用期間が異なるカラコンを使っていましたが、最終的に辿り着いたのがワンデーのカラコンでした。やっぱり多少金額が高くても”眼病になるリスクが減る”、”使いやすい”が魅力的でした。2weekも好きだったのですが、少しズボラな性格上、アフターケアを少々怠り、結果的に眼病になってしまった苦い思い出があり、それ以来”ワンデー”一筋です。

 

 

 

当サイトが勧めるオススメなワンデーカラコンはコチラ!!