目の乾きにくいカラコンが欲しい

サンプル画像

よくコンタクトレンズをしている方はわかると思いますが、
レンズに潤いが少ないと、数時間後には目が乾いてしまいます。よく、目がゴロゴロすると言います。
そうなってくると、目が痛くなってしまい、目をこすってしまいがちになってしまいます。

 

結果的に、目が充血してしまったり、ドライアイになってしまったり、レンズを取らなければならない状況になってしまいます。
せっかくカラコンをして可愛く見せれたのに、いつもと同じになってしまった・・・。

 

そんな体験をしない為にも、カラコンを選ぶ際レンズに潤いを含んでいるレンズを選んだ方が目の乾き具合が解消されます。

 

専門用語でレンズの潤いの事を含水率と言います。

 

 

含水率とは

簡単に言うと、レンズに含まれる水分量を数値化したものです。
一般的に使い捨てのワンデーカラコンは含水率が高い事が多いです。

 

ですので、含水率が高いものが潤いが高いということになります。

 

しかし

 

カラコンを購入する際、含水率が高いものの方がいいとは限りません

 

その事は次の酸素透過率以降で詳しく話します。

 

酸素透過率とは

簡単に言うと、酸素をレンズに透過させる(通り抜ける)量を数値化したものです。
人は酸素を取り込まなければ生きてはいけないですよね?瞳にも酸素を取り込まなければダメなのです。

 

主に、含水率が低いものほど、透過率は高くなっています

 

含水率が高いもの低いものどちらがいいの?

含水率が高い・低いにも良し悪しがあります。
どちらが良いのかは次のメリット・デメリットを読んで自分が「こっちがいいかなっ!」と思った方の含水率に決めれば良いと思います。

 

含水率が高い

【メリット】

  • カラコンを着けた時の着け心地が良い
  • 瞳がゴロゴロしない

 

【デメリット】

  • ドライアイになりやすい

 

含水率が低い

【メリット】

  • 目が乾きにくい

 

【デメリット】

  • 着け心地が悪い
  • ちょっと違和感があるように感じる

 

なぜカラコンをしているとすぐ目が乾くのか?

疑問

人の黒目の部分には血管が通っていません。
その為、空気中から直接酸素を取り込んでいるのです。
と言う事は、
カラコンは黒目全体を覆っていますので、そのままでは黒目は酸素を取り入れることができなくなってしまいます。

 

それに、透過率も低いと酸素が黒目に行き渡りにくくなります
これが原因で目の乾きが起きてしまうのです。

 

目の乾きをなくすには?

 

黒目に十分な酸素を取り入れることです。

 

含水率が低いものを選ぶ
レンズそのものに水分を含ませることで、その水分を通して黒目に酸素を取り込んでくれます。
その結果、長時間カラコンを着けていても比較的に目が乾燥しにくくなるのです。
でも、今のカラコンは昔と違い含水率が多少高くても瞳に酸素を行き渡らせる事が出来るようになったのです!

 

最近のカラコンは含水率が高くても酸素を通しやすいレンズ素材を使用しているので、目の充血・ドライアイの原因となる角膜の酸素不足を防いでくれるようになったのです。

 

とは言っても、必ず目が乾燥しないわけではありません。
時には目が乾燥したなと感じる時もあります。

 

そんな時には、ソフトコンタクトレンズ用の目薬を使いましょう。

 

一番良い方法は眼科の目薬になります。
専門医師の診断をもとに処方された目薬であれば問題はないです。

 

しかし、忙しいなどでなかなか眼科へ診断出来ない方であれば、薬局やドラッグストアなどで、ソフトレンズ用の目薬を選ぶのですが、
水分を蒸発しにくい目薬を使うと良いでしょう。液体の目薬よりも、ちょっと粘度のある(とろみのある)ものを使うと蒸発を防ぐ事ができます。

 

それに、角膜とカラコンの隙間を埋めるクッション代わりにもなりますので、スッキリする目薬よりもとろみのある目薬の方が良いと思います。

 

オススメの含水率は?

当サイト管理人の私が体験したオススメの含水率は38〜50%くらいがオススメです。

 

ドライアイの方や涙が少ない方なら含水率がなるべく少ない方がオススメです。
なので、40以下の含水率がオススメですね。

 

目の乾きにくいカラコンが欲しい方はコチラ